どの株を買う?銘柄選びのポイント

株を購入するときの銘柄選びには、いくつかのポイントがあります。
株式投資初心者は、このポイントをよく理解して購入するようにしてください。
投資する銘柄を選ぶ方法として、ファンダメンタル分析とテクニカル分析の2つの方法がよく使われています。
これら2つを組み合わせて、よい銘柄を選んでいくわけです。
そこでこの2つの分析の基本を説明していきます。

投資する銘柄を選ぶときに企業の売り上げや利益などをチェックすることは、ごく一般的なことになっています。
このように企業の業績や財務状況を分析することを、ファンダメンタル分析といいます。
ファンダメンタルは日本語に直訳すると、基本的なというような意味になります。
そこから転じて経済の基本的な要因を分析することが、ファンダメンタル分析になります。

企業の業績(売り上げや利益)は、損益計算書に記載されます。
また企業の財務状況は貸借対照表に記載されます。
これらを総称して財務諸表と呼んでいますが、財務諸表やそのほかのデータを基にしてファンダメンタル分析を行っていきます。
今後の日本では、あらゆる分野で勝ち組と負け組がはっきりしていくことになると思いますが、これは企業にも言えることです。
株で儲けるには、勝ち組になりそうな企業の株を買うことがコツになってきますが、その判断にファンダメンタル分析を生かすようにします。

銘柄選びのもう一つの方法として、テクニカル分析もポピュラーなものとなっています。
テクニカル分析は株価の動きから、買い時や売り時を判断するものです。
テクニカル分析で第一に重要なものとして、これまでの株価の動きを図に示した、株価チャートがあります。
このチャートは大変に利便性がありますので、見る癖をつけておいてください。

また株価からさまざまな計算を行って、テクニカル指標を求めてそれと株価の動きなどを組み合わせて、分析していきます。
ファンダメンタル分析では、個々の企業の業績や財務の良しあしは調べられます。
しかしその企業の株が買い時か売り時なのかを判断するには、向いていません。
そこでファンダメンタル分析で銘柄を選び、テクニカル分析で売買タイミングを、投資初心者は図るようにしてください。

企業の経営成績を把握しておく

ファンダメンタル分析の基本として、企業の業績を調べることからスタートします。
企業の業績を見るうえで売り上げと利益の2つが、重要になってきます。
売り上げや利益が伸びている企業ほど、株価も伸びると考えられます。
逆に売り上げや利益が右肩下がりになっているような企業の株は、倒産の危険性や不安もありますので買うべきではないといえます。

売り上げは商品や製品を販売して得た、お金の総額を表しています。
人件費や広告宣伝費の経費は、一切考慮していない金額です。
一方の利益は、売り上げからさまざまな経費をなどを引いた金額になります。
過去の売り上げや利益、将来の決算予想などの情報は会社四季報や、日経会社情報などの書籍から得ることができます。

これらの書籍は大変に利便性が良いものとなっていますので、投資初心者は手元に置いておくようにしましょう。
なお連結決算と単独決算がある企業の場合、連結決算を見るようにします。
連結決算は関連子会社等の業績も含まれた数値になっていますので、その企業の実態をより正確に表しています。

営業利益は、企業が営業活動をして得た利益のことを言います。
営業利益は企業の本業による利益を表していますので、営業利益が伸び悩んでいるようだとその企業の将来の伸びは、期待しにくいと考えられます。
これらを勘案しながら、銘柄選びを行うのが株式投資のコツになります。

売り上げや利益などの業績とともに、資産や負債などの財務の状況をチェックすることも重要になってきます。
企業の財務状況は、貸借対照表に書かれています。
貸借対照表は企業の資産、負債、資本の関係を表している表になります。

特に銀行からの借入金のように、利子を払わなければならない負債が多いと、今後金利が上昇すれば利子の支払いで利益が吹き飛んでしまい、倒産の危険性や不安が出てきます。
これらの分析に頼らずに、投資初心者は身近な株を購入してみることも大切です。
シーズンごとに上がる銘柄もたくさんありますので、生活に身近な株も購入してみたりしてみましょう。