初心者には投資信託がおすすめ?

投資のプロ

投資信託とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ運用のプロであるファンドマネージャーが一定の裁量で株式や債券などに投資し、あるいは投資の指標となる日経平均やTOPIX等のインデックスに連動するように投資してその運用で得られた利益を投資家に配分する金融商品のことです。

これを個別の株式と比較してみると、個別株式を購入するには、まずその会社の財務状況等を分析し、現在の株価をチャートで確認して高いか安いかを判断して購入していくという個別の会社に対する知識と投資判断の知識が必要となってきます。

しかし、投資信託商品であれば、どのような配分で投資するかはプロの側で選定してくれており、裁量取引であればどのタイミングで市場のものを購入するかもファンドマネージャーに任せることができます。
その点では初心者が取り組みやすい投資ということがいえます。
また、個別株の場合は、購入するのに一定のまとまった金額が必要となりますが、投資信託の場合は、投資家のお金を集めて投資するので最低投資金額が極めて低く設定されるものがあります。
ものによっては100円という少額から投資が可能です。

初心者が少額で投資を始めるのにも適した商品設計と評価できます。
さらに、個別株を保有していると極端な場合にはその会社が倒産し株式の価値が0円となるリスクがあるのに対し、投資信託を保有していたとしても株への投資は何社かに分散投資していることが多くリスク回避がなされているとともに、国内国外株と国内国外債券で組み合わせて分散投資する商品もありこの点でもリスク回避がなされています。

さらに長期投資という観点で考えると投資信託は少額で投資が可能な点から積立でドルコスト投資法で投資し、そのまま放置して保有していくことで基準価格変動のリスクを抑えることができるのに対し、個別株は積立を行うには投資金額が大きいので初心者で投資資金が乏しい場合、いったん購入したものを保有して放置する戦略とならざるを得ない場合が多く株価変動のリスクを抱えた状態でいることとなります。

そして手数料については、個別株は取引金額により200円弱からの金額が設定されているのに対し、投資信託では手数料0円の商品も多いです。
これらのことを勘案すると投資信託は初心者が少額で始めるのには適した商品といえるでしょう。

投資信託は解約する方法も事前に知っておく

このように少額で投資を始める初心者に適した商品ということができても、投資信託商品は元本を保証するものではありません。
市場の動向によっては、当該投資信託商品の基準価格が下落の一途をたどりもはや損失を許容できないとして損切りを行わなければいけない状況や、将来的に市場の反転が予測され現時点での運用利益を確定させておく必要が生じる状況となる場合あるでしょう。

この際には、投資信託を解約して損切りあるいは利益確定を行う必要があります。
この投資信託の解約の方法についてですが、個別株であれば購入した株を売却するという手続きというのが想像できると思います。

基本的にはこれと同じ考えで事務処理をしていくこととなります。
すなわち、自分が所有している証券会社の証券口座にログインして保有している投資信託の中から解約する投資信託商品及び、解約する投資信託の口数を決定して解約の申し込みを行うというものです。
これはネットで取引可能な証券会社を念頭に置いていますが、証券会社の窓口に行って解約手続きを行いたい場合であっても、窓口に訪ねていき解約手続きを申し込めば解約を行うことができます。

ただ、解約するタイミングについては事前に考えておくべきです。
例えば毎月分配型の投資信託を保有している場合、毎月の配当の権利確定日少し前に解約してしまうと解約分については配当金を得ることができなくなってしまうことがあります。

配当金を払った後の基準価格の下落ぶりが配当金より大きい等の理由で一刻も早く解約したいといった事情がある場合はともかく、保有していた分の配当まできっちり回収したうえで解約するというのが投資で利益を上げるために留意しておくことといえます。