投資の相談は投資顧問を活用しよう

投資をするさいには、さまざまな情報を得て行うものですが、初心者の間はなかなか上手く行くというものではありません。
また日頃から働いている場合にはそれらの情報を収集するというのは非常に手間と時間の掛かるものです。
このため新聞などの媒体から情報を得るわけですが、新聞の情報は少し遅く投資にはやや不向きです。

そのような時に役に立つのが投資顧問です。
投資顧問と言ってもいくつかの種類があり、お金を預かって運用するといったケースもありますが、一般的に初心者でも受けやすいサービスが、助言サービスです。
これは投資のプロである投資顧問が、投資に関する相談から、その投資が間違っていないか助言するというものや、市場の動向などの情報から投資を助言するといったものです。
相談型では保有している銘柄が将来的にも上昇し有益な存在になるかを確かめるために行われますが、1件あたりの相談料が高いのでそれなりの保有量がなければ、あまり効果を得られませんが、助言や情報提供に関しては、安価に利用できるので投資をはじめた初心者でも十分な効果を得られます。

ただ投資顧問といっても多くの業者があります。
個人的に行っているような零細のところもあれば社員を抱えた大規模な会社組織までさまざまです。
またプロとも言い難いような業者もあるので注意が必要です。

どちらも投資に関する情報を提供するというもので、その情報収集能力と分析力が重要になってきます。
このため零細だからといって必ずしも情報を得る能力が低いというわけではなく、投資顧問の人脈から場合によっては急騰株情報を得られやすいといったメリットのある投資顧問もあります。

また規模が大きければその情報分析が正確というものではありませんから、実績や自身の投資に合ったものを選ぶ必要があります。
また投資顧問では、損失が出た場合でも損失補填はしてはいけないという法律があります。
この制度を悪用し詐欺まがいな悪質な業者も存在するので投資顧問を選ぶさいには十分に信頼の出来る業者である必要があります。

投資顧問の助言通りにしても損失が出ることもある

投資顧問の助言はあくまでも助言と受け止めるが重要です。
何も考えずにその通りに行っていれば利益を得られるというものではなく利益確定のタイミングなどは見計らう必要があります。
特に投資顧問の助言では売買のすべてを指図するものもありますが、安価な料金で提供しているものは、将来的に上昇する可能性のある銘柄や急騰株情報といったものでこれから価値が上がる銘柄の情報を提供してくれますが、利益を確定するタイミングまでは教えてくれません。

このようなことから、最終的に損失を確定するかどうかは投資する本人の判断次第といったところです。
もちろん相談をしてみてタイミングを知るということもできますが、相応の料金を支払う必要があるので費用対効果を得るには相当数の取引を行っている必要があります。
また留意しなければならないのが投資顧問は損失補填はできないということです。

ただ投資顧問は新聞などとは異なり有益な情報を提供するのが目的の会社ですから、その情報は無視することはできません。
特に急騰株情報が当たれば大きな利益を得られる場合もあります。

しかし、お金を預けて運用してもらう投資顧問にしても相談をして銘柄分析を行っても、また助言を受けて投資をしてもその結果が必ずしも約束されたものではありません。
多くの投資顧問は顧客に対して有益な情報を提供しようと努力していますが、それでも市場というものはどのように動くか予測できないものですから、それらに留意する必要があります。

また損失が出ても顧客側からも損失補填を求めてはいけませんし、料金の割引なども求めてはいけません。
あくまでも投資顧問は新聞同様に情報を提供してくれるものと割り切ることが重要です。