株初心者は低位株(ボロ株)で少額投資から始める

株初心者が実際に投資を始めるのであれば、低位株からはじめてみるのが一番です。
低位株はボロ株と呼ばれることもあり、株価が低い銘柄のことを指します。
それでは低位株やボロ株というのはいくらからなのかということになりますが、これは明確な定義はなく人によっても異なりますが、500円以下あるいは300円以下から低位株やボロ株と考える人が多くなっています。

低位株の少額投資の良いところというのは、大儲けをする可能性は考えにくいものとなっていますが、大きな損失を抱えてしまうリスクも少ないという点にあります。
株価が200円の銘柄を100株購入すれば、2万円の投資で済み万が一倒産をしても損失は2万円で済みます。
これが2000円の銘柄を100株購入して倒産をしてしまったら20万円の損失になってしまいますし、倒産まで行かなくても悪材料がでて株価が半分になってしまうと10万円の損失となります。
そのため、株初心者が投資を始めるのであれば、少額投資から始めることができる低位株が取引しやすいとなるのです。

大儲けすることを考えないのであれば投資の練習に最適ですし、ロスカットのしどころを逃してしまっても、元々投資金額が大きくありませんから損失は抑えることができます。
ある程度大きな株価の銘柄を購入するときには、ロスカットのタイミングも考えないと行けないのですが、実際に株初心者が適切なタイミングでロスカットをするというのは容易なことではありません。

いつまでも含み損を確定させることができずにいたずらに損失を大きくしてしまったり、あるいは一時的な株価の下落で待てば戻ってくる可能性が高いのに、含み損が拡大する恐怖に耐えきれずにロスカットをしてしまうということもあります。
低位株であればロスカットをせずとも大きな損失になりにくいものとなっているだけに、どこでロスカットをして良いのかわからないという株初心者に適しているといえます。

ロスカットして損失を抑えることを覚えよう

低位株に少額投資をする場合には、ロスカットをせずとも大きな損失につながりませんから、株価が下がってしまっても塩漬けにしておいて大きな影響があるわけではありません。
しかし、大きな損失につながらないからと言って放ったらかしにするよりも、適切なタイミングでロスカットをして損失を抑えることができるに越したことはありませんから、ロスカットをするタイミングというのも覚えるようにしましょう。

実際にロスカットをするというのは非常に難しく、ここから株価が戻ってくるのではないかと思うとなかなかタイミングを掴みづらいものです。
低位株の良いところは、底でロスカットをしてしまったとしても元の株価が安いだけに、株価が戻ってきたとしても大きく損をするわけではないので、授業料というつもりで比較的気軽にロスカットをすることができるという点にあります。

大底でロスカットをしてしまい数万円損をしてしまったとなるとショックは大きいものですが、低位株であれば数千円程度で済みますし、場合によっては数百円程度の損失で済むこともあります。
ロスカットのタイミングに失敗をしてしまったと思っても金銭的な痛手は小さく、精神的なショックもそれほど大きくありません。
逆にロスカットが上手く行けばロスカットの重要性を知ることができたり自信につなげることができたりしますから、後の投資人生に役立てることができます。

低位株はロスカットをしなくても大きな損失につながりませんが、株価が低く気軽にロスカットをすることができるからこそ、株価が下がってしまったときには練習と思ってロスカットをするのが良いでしょう。
損失を抑えることができるようになれば、投資の安定性が飛躍的に高まります。